伊達市立黄金小学校 閉校

  • 文化・教育施設

北海道伊達氏にある黄金小学校(北海道伊達市北黄金町65番地1)は、海や山、川といった自然豊かな環境に囲まれた小学校。小規模の学校のため、全ての児童がまるで家族のように仲が良いのが特徴です。また、地域との交流も多く行っており、地域全体が子どもたちの成長を見守っています。

自然に囲まれている同校では、地元の漁業協同組合の協力を得て、サケの稚魚の放流会を行うことも。体長約5センチの稚魚2万匹を放流しました。「元気でね!」と優しく語りかけながら放流を行っている姿を見ることができました。

120年を超える長い歴史を持つ小学校ですが、残念ながら2020年3月31日をもって閉校することに決まっており、周囲の人々からは寂しさを訴える声が上がっています。長い歴史を持つ小学校だけに、多くの人々の思い出が残る校舎に、もう一度足を運んでみませんか。

(2019年5月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す