南部町立万沢小学校 閉校

  • 文化・教育施設

2020年3月末をもって南部町立万沢小学校(山梨県南巨摩郡南部町万沢4119番地)が児童数減少のため147年の長い歴史を終えました。当校は1873年10月に開校した全校児童28名の小さな学校ですが、かつては500人以上が在籍していた時代も。

学校の象徴である大木・ヒイラギモクセイは、古くから同校を見守り町指定天然記念物にもなっています。桜の開花シーズンにはエドヒガンシダレと富士山が同時に眺められる絶景スポットでもあります。住宅地の中に位置する同校は地域からも愛された学校でした。

今年度の卒業生は5名で、最後の全校集会では涙を見せる児童や保護者の姿もありました。もし機会があれば、懐かしい学び舎に足を運んでみてもいいかもしれません。

(2020年4月執筆)

 

VIDEO : FinalAccess ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す