Final 2015年3月31日 記事高松市立安原小学校 戸石分校 閉校のイメージ画像 History 132年

高松市立安原小学校 戸石分校 閉校

  • 文化・教育施設

高松市立安原小学校戸石分校(香川県高松市塩江町安原下2-857)は、1883年に中徳尋常小学校の分教場として発足後、児童数減少のために1983年には休校。1990年に再び開校したのち2001年に再び休校となり、2015年には塩江小学校に統合されて閉校となりました。

130年以上の歴史を持つ同校は少人数の学校でしたが、地域の人たちの力も借りてもち米やさつまいもの栽培や近隣の小学校との交流を行っていました。また、年に1度行われる分校地区運動会は、児童・保護者だけでなく、地域住民も参加する大きな行事で、大人と一緒にグランドを走り回ったことを覚えている卒業生もいるでしょう。

今でも石造りの校門と瓦屋根の木造校舎は現存していますので、懐かしい風景を眺めに行ってみてはいかがでしょうか。

(2020年4月執筆)

 

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

沢山の思い出がつまった校庭です。

 

長年に渡り、地域の子供達をお守り頂きありがとうございます。

 

PHOTO:遍照の響き/安原小学校戸石分校

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事