小美玉市立小川北中学校 閉校

  • 文化・教育施設

2022年3月末をもって、小美玉市立小川北中学校(茨城県小美玉市川戸1347番地1)が閉校します。

1947年に白河村立白河中学校が創立。ここが当校の創立起源となります。自然豊かな丘陵地帯に位置する同校は、生徒数177名の学校。グラウンドをはじめ、体育館やプールなどの設備は県内屈指の広さを誇り、部活動や授業など様々なシーンで使用されています。また、部活動にも力を入れており、なかでもバスケットボール部は強豪校としても有名です。そんな環境のなかで生徒たちはのびのびとした環境の中で充実した学校生活を送っているとのことです。

75年間に渡りこの地区を見守り続けてきた同校ですが、残念ながら2022年に閉校予定。独立校としての歴史は途絶えますが、当校の校舎を活用した新設の小美玉市立小川北義務教育学校が誕生し、再び新たな歴史を刻み続けていきます。ゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年10月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す