Final 1987年3月31日 記事岡山県立邑久高校 新良田教室 閉校のイメージ画像 History 32年

岡山県立邑久高校 新良田教室 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

1955年に定員1学年30名、4年生定時制普通科高校として開校。ここが岡山県立邑久高校新良田教室(岡山県瀬戸内市邑久町虫明6539 長島愛生園内)の創立起源となります。一般教室1棟、理科・社会・家庭科棟1棟、管理棟(教員室・保健室・図書室)1棟男子寄宿舎3棟、女子寄宿舎1棟から成っていました。

国内のハンセン病療養所で唯一の高等学校でもあった当校。ハンセン病に苦しむ若者の教育機関としての役割を果たしました。開校から8年目より入所する在籍生徒数は減少し定員割れが続きます。そして1987年に29期生の卒業をもって閉校。307人の卒業生を送り出し32年の歴史に幕を下ろしました。

橋がかかる現在では簡単に往来できますが、かつては独立の島であった長島。この地にも地域の確かな歴史が記されています。一度足を運んでみてはいかがでしょうか。在りし日の学び舎の営みを感じ取ることができるかもしれません。

(2022年3月執筆)

 

新良田教室

美しい緑に囲まれた場所に佇みます。

 

新良田教室

機能性を重視した建物です。

 

新良田教室

当校の歴史は永遠に語り継がれることでしょう。

PHOTO:くろうさぎ様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す