一宮市立中央看護専門学校 閉校

  • 文化・教育施設

愛知県一宮市にある一宮市立中央看護専門学校(愛知県一宮市松降1丁目9-21)が閉校します。

同専門学校は1991年に開校し、市民病院などさまざまな施設での実習を経て、これまで多くの看護師を養成してきました。1学年40人の1クラスとあって先生と生徒の仲が良く、看護師になるという同じ目標を持った仲間との学生生活は非常に充実したものだったようです。市が経営しているため、私立や大学に比べて授業料が安い点も人気の理由でした。

しかし、大学でも幅広い看護の勉強ができるようになったのを理由に志願者が減少、2020年度末となる2021年3月31日の閉校が決まり、29年の歴史に幕を下ろすことになります。もし、卒業生で思い出のある方はもう一度この場所を訪れて当時の懐かしい思い出を振り返ってみてはいかがでしょうか?

(2019年1月執筆)

 

VIDEO : ichinomiya aichi japan 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す