記事安芸高田市立刈田小学校 閉校のイメージ画像

安芸高田市立刈田小学校 閉校

  • 文化・教育施設

春には6000本もの桜が景色を飾り、桜の名所として名高い土師ダムそばにある安芸高田市立刈田小学校(広島県安芸高田市八千代町勝田1651)が、2018年3月31日をもって閉校しました。2018年4月より根野小学校と統合し、八千代小学校として新たな歴史をスタートさせています。統合や校名改称を繰り返しながら、閉校まで139年という長い歴史をもつ学校です。門の前では創立間もない頃に植えられた松の木が、静かに子どもたちを見守り続けました。学び舎で過ごした時期は違っても、1年中緑豊かなこの老木の温かさは卒業生共通の思い出となっているでしょう。ゆかりのある方は現地を訪れ、仲間と当時の思い出話に花を咲かせてみましょう。きっと土師ダムの桜のように、美しく鮮明に思い出を飾るのではないでしょうか。(2019年1月執筆)

 

とても美しい校門です。

 

思い出の詰まった校舎です。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXSTAR様/PIXTA

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す