宮津市立上宮津小学校 閉校

  • 文化・教育施設

京都府宮津市の宮津市立上宮津小学校(京都府宮津市小田235)が、2015年3月末に閉校しました。同校は明治時代の1873年に創立。移転や改称を繰り返したのち、最後の校舎は1982年に設立し、美しい山々と田園地帯に囲まれたのどかな上宮津地区にあった小学校です。保護者だけでなく地域全体で子供たちの成長を見守り、地域社会の活力となっていました。一般的な学校行事だけでなく、盆踊り大会、敬老会、農業文化祭など地域に密着した行事も多く、近隣住民と交流をしながら宮津地区の伝統や文化も学んでいたようです。少子高齢化に伴い児童数は年々減り、2014年度には全体で23人になり、残念ながら141年の長い歴史に幕を下ろすことになりました。閉校前には旧校舎のジオラマやドキュメント映画が作成されるなど、一年をかけて閉校記念行事が行われ、多くの卒業生が思い出を語り合い、閉校を惜しみました。旧校舎は改装され町おこしの起点となるように活用されていくそうです。同校に思い出のある方は、ぜひもう一度足を運んで、当時の思い出を偲んでみてはいかがでしょうか。(2019年3月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す