福知山市立菟原小学校 閉校

  • 文化・教育施設

福知山市立菟原小学校(京都府福知山市三和町菟原中883-2)が2018年度をもって閉校になります。菟原小学校が開校されたのは1899年。以降120年もの間に約4500名もの卒業生を送ってきました。菟原小の前身は1873年に寺院などを借りて開校された「学道舎」。それを合わせると実に145年もの長きにわたり学び舎として続いてきた小学校の閉校となります。菟原小での思い出と言えば5年生で行われる海の体験教室を挙げる方が多いようです。宿泊はもちろん、カッター体験は他の学校ではなかなか出来ないことではないでしょうか?2019年3月20日には最後の卒業生10人が巣立っていき、続けて24日には閉校式。在校生・卒業生をはじめ多くの人が学校との別れを惜しみました。2019年度からは細見小と合併し菟原小の名前は無くなりますが、当校での思い出はいつまでも胸に残っていくことでしょう。(2019年3月執筆)

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す