川島町立八ッ保小学校 閉校

  • 文化・教育施設

川島町立八ッ保小学校(埼玉県比企郡川島町畑中31)が、統廃合による合併で2018年3月をもって閉校しました。同校は1890年開校、一級河川・市野川が流れる農村地帯にそびえる小規模な学校で保護者や地域との関わりも深く、地域の人々からは昔あそびなど多くの伝統を教えてもらっていました。また、ボランティアの協力による月2回の読み聞かせ活動、読書タイムの設置などで子どもたちが本に触れる機会を多く作りました。仮校舎時代から数えるとその歴史は144年となります。閉校式では「ありがとう八ッ保小学校 144年」と書かれた電飾が夜の校舎を照らしていました。現在は新しい学校の校舎として利用され、子どもたちは新たな学校生活を送っています。(2019年4月執筆)

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す