瀬戸市立道泉小学校 閉校

  • 文化・教育施設

愛知県瀬戸市の瀬戸市立道泉小学校(愛知県瀬戸市道泉町44)が、2020年3月末に閉校します。同校は、1926年に瀬戸市中心部の尾張瀬戸駅近くに創立。学区内には瀬戸焼の工場や店舗が多く存在し、児童たちは小さいころから瀬戸焼に親しみ、郷土愛を育んできました。同校においても、「せともの」の絵付けや染め付けなど瀬戸の伝統工芸を体験しています。

ピーク時には1400人を超えていた児童数は年々減少し、2019年度は209人になりました。瀬戸市全体で少子化が進んでおり、教育環境の向上を目的として、同校を含めた瀬戸市中心部の7小中学校が統合されることになり、2020年4月に小中一貫校である、にじの丘学園が開校する予定です。現在、開校に向けて通学路や部活動など、さまざまな準備が行われているところです。

(2019年8月執筆)

 

VIDEO : FinalAccess ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す