Final 1967年3月31日 記事瀬越町立瀬越小学校 閉校のイメージ画像 History 37年

瀬越町立瀬越小学校 閉校

  • 文化・教育施設

瀬越町立瀬越小学校(石川県加賀市大聖寺瀬越町イ19-1番地)は、1930年から1967年まで続いた小学校。古き良き昭和の木造校舎が美しい、温かみにあふれた建物が特徴です。

37年間、小学校として現役で活躍していましたが、廃校となってからは青年の家として活用されていました。老朽化が進み取り壊しの話が出てからも、美しい木造建築の校舎をそのまま活用したいとの地元の方達からの熱望により、2003年からは「竹の浦館」として再スタートを切りました。

今でも廃校巡りのマニア達の間では有名な同校舎。県外からわざわざ見学や撮影に訪れるほどの人気ぶりです。建築されてから既に89年が経過していますが、美しく手入れされた木造校舎はいつも人々の行き交う賑やかな雰囲気に包まれています。昭和の雰囲気に溢れた木造校舎が好きな方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

(2018年8月執筆)

 

今にも児童が現れそうな廊下ですね。

 

格式ある歴史を感じさせます。

 

これからも歴史愛好家の憩いの場所でありつづけてください。

PHOTO:遍照の響き

 

VIDEO : チカモリ情報局 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す