記事駒ヶ根市立中沢小学校 旧校舎 引退のイメージ画像

駒ヶ根市立中沢小学校 旧校舎 引退

  • 文化・教育施設

駒ヶ根市立中沢小学校の旧校舎(長野県駒ヶ根市中沢4036)は、現在学校としては使われていませんが、駒ヶ根市博物館の付属施設である「駒ヶ根市民族資料館」として利用されています。

もともとは1871年に創立された中沢小学校の校舎として1909年に木造校舎が立てられました。その後1913年に校舎が増築され、この増築部分が現在の民族資料館として使用されている部分となっています。屋根の葺き替えや内装・外装の修繕は行われていますが、外観は非常にきれいな状態で保存されており、1996年に駒ヶ根市の指定有形文化財となっています。

資料館は誰でも入ることができるため、この校舎にゆかりのある人はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2018年10月執筆)

 

丁寧な説明書が記されています。

 

これからも地域の大切な拠点としてご活躍下さい

 

PHOTO:遍照の響き/中沢小学校

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す