記事七二会村立七二会小学校 岩草分校 閉校のイメージ画像

七二会村立七二会小学校 岩草分校 閉校

  • 文化・教育施設

七二会村立七二会小学校 岩草分校(長野県長野市七二会丁)は、1948年に七二会小学校の分校となった学校。多くの緑に囲まれている場所に建っており、豊かな自然の中で子どもたちは学んできました。

児童数の減少により1964年6月1日に90年の歴史に幕を下ろすことになりましたが、閉校となった後も、岩草地域の人たちにより大切に保存されてきました。この長い間愛されてきた木造校舎は、1941年に遠見出身の矢島環氏の寄付により建築されたものです。この木造校舎では地域の文化祭などが開催されており、人が集う場所となっています。

この場所にゆかりのある方は、ぜひもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。懐かしい思い出を振り返ることができるはずです。

(2018年10月執筆)

 

元気な子供たちの声が聞こえてきそうです。

 

見事なまでに手入れされた木造校舎です。

 

これからも地域の大切な拠点としてご活躍下さい。

 

PHOTO:遍照の響き/七二会小学校・岩草分校

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す