記事京都市立大原小中学校 尾見分校 廃校のイメージ画像

京都市立大原小中学校 尾見分校 廃校

  • 文化・教育施設

1903年に大原尋常小学校尾見分校として設立された京都市立大原小中学校 尾見分校(京都府京都市左京区大原大見町317)は、1973年に休校となり、2018年に廃校となった学校です。休校となってから長い時間経過していますが、現在も校舎は残されており、その姿を見ることは可能。校庭には百葉箱やジャングルジムがあり、学校だったという雰囲気を感じることができます。

しかし、使用されなくなってからしばらく経っておりあまり手入れはされていない様子。そのため校舎は荒れてしまっている状態ですが、当時の面影を見ることができます。尾見分校にゆかりのある人は、もう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2019年5月執筆)

 

校舎の裏手でしょうか。

 

物置の建物でしょうか。

 

ここに学び舎が存在した。確かな歴史を確認することができます。

 

PHOTO:遍照の響き/大原小学校・尾実分校

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す