記事印南町立真妻小学校 閉校のイメージ画像

印南町立真妻小学校 閉校

  • 文化・教育施設

緑豊かな山間部に位置する、印南町立真妻小学校(和歌山県日高郡印南町大字皆瀬川227)が2009年に閉校し、長年の歴史に幕を閉じました。

同校は、開けた場所に建つ3階建ての立派な校舎の小学校。閉校から10年経った今ではグラウンドの遊具は錆びつき、木造の体育館への渡り廊下には草が生い茂っています。校舎内には、当時使用されていた靴箱や道具がそのままになっており、静かに時が過ぎるのを待っているかのよう。現在は子どもたちの声がこの場所から聞こえることはないものの、校舎横にある大きなメタセコイアの木には毎年電飾が施され、地域のクリスマスツリーとして親しまれています。閉校後もなお愛されるこの場所にゆかりのある方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2018年11月執筆)

 

沢山の思い出がつまった校舎です。

 

格式を感じられる門構えです。

 

長年に渡り、地域の子供達をお守り頂きありがとうございます。

PHOTO:遍照の響き/真妻小学校

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す