記事五所川原市立東小学校 閉校のイメージ画像

五所川原市立東小学校 閉校

  • 文化・教育施設

周囲をリンゴ農園や田畑に囲まれた緑豊かな場所に位置する、五所川原市立東小学校(青森県五所川原市高野広野228の2)が、2010年3月末に統合のため閉校し、長年の歴史に幕を下ろしました。

広い敷地を持つ同校は、現代ではよくある白壁校舎の2階建ての小学校。閉校して10年の月日が経っているため、校門を入ると木や草は伸び放題。その先にある校舎は堂々と建ってはいるものの、人影ひとつ無くなってしまった様子が寂しさを漂わせています。

校舎内は昨日まで使われていたかのようにほぼ当時のまま残されており、なかでもきれいに並べられたままになっている野球のヘルメットの存在が、同校のリアルな思い出として残されているかのようです。もし、この場所にゆかりのある方は懐かしい校舎を見に一度訪れてみてはいかがでしょうか。

(2020年1月執筆)

 

沢山の思い出がつまった校舎です。

 

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

当校の歴史と伝統は永遠に語り継がれることでしょう。

 

PHOTO:遍照の響き/東小学校

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事