記事六戸町立長谷小学校 閉校のイメージ画像

六戸町立長谷小学校 閉校

  • 文化・教育施設

六戸町立長谷小学校(青森県上北郡六戸町大字下吉田字下沼田111-1)は、かつて青森県の六戸町にあった小学校です。もともと1928年4月に六戸小学校長谷分教場として設置され、その後1940年3月に長谷小学校として独立しました。

長谷小学校の校庭の隅には、同校のシンボルともなっていた高さ約30メートルもの「すずかけの木」が立っていました。同校の校歌にも歌われているこの木は、もともと初代校長の呼びかけにより当時の6年生が植え、それ以来愛されてきたものです。

長谷小学校は、2001年に六戸小学校へ統合されたことにより閉校し、その長い歴史に幕を下ろしています。現在は他の用途として使用されているようですが、懐かしの木造校舎を外から眺めることは可能。同校を卒業するなどゆかりのある方は、ぜひこの場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2020年1月執筆)

 

沢山の思い出がつまった校舎です。

 

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

長年に渡り、地域の子供達をお守り頂きありがとうございます。

 

PHOTO:遍照の響き/長谷小学校

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事