与謝野町立桑飼小学校 閉校

  • 文化・教育施設

京都府にある与謝野町立桑飼小学校(京都府与謝郡与謝野町明石2120)が、2020年3月末に閉校し147年の歴史に幕を下ろしました。同校は1873年、京都府北部の豊かな自然に囲まれた与謝野町に明石小学校として創立。現在の校舎は1969年に建設されました。年々児童数が減少し、58人の児童が閉校前最後の一年を過ごしました。

地域との関わりを大切にしている同校では、伝統文化を受け継ぐため住民の協力を得ながら、どんど焼きや田植え体験などを授業に取り入れてきました。また、冬にはスキー教室も行われていたようです。

長きにわたって子どもたちを見守ってきた小学校は閉校となりましたが、4月からは加悦小、与謝小と統合し、加悦小学校で再出発しています。ひまわり畑が美しい与謝野町で、元気いっぱいの子どもたちの笑顔が見られることでしょう。

(2020年4月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事