Final 2020年4月22日 記事旧尾鷲三田火力発電所_点滅灯 消灯 のイメージ画像 History 56年

旧尾鷲三田火力発電所_点滅灯 消灯 

  • 建物・施設
  • その他

旧尾鷲三田火力発電所(三重県尾鷲市国市松泉町1番地)の点滅灯が2020年4月22日に消灯しました。この点滅灯は、飛行機に煙突の存在を知らせるためのものです。尾鷲三田火力発電所の創業した1964年から50年以上にわたって点灯しつづけました。

松永安左エ門が想起した大型火力発電所構想。この構想に応える形で中部電力が建設した尾鷲三田火力発電所。建設時から長年に渡り中部地域の需要に応える形で電力を供給し続けました。2018年12月19日に当該発電所は廃止され、地域の電力供給拠点としての役割を終えました。これに呼応する形で、点滅等が消灯し、続いて発電所の施設の解体作業が進められております。点滅等がそなえつけられていた煙突も解体撤去されます。

長年に渡り町のシンボル的な存在として地域住民に親しまれた煙突。「点滅灯が光るこの煙突は小さい頃からの当たり前の景色でした。沢山の思い出がある。いままでありがとう」。地域住民の声です。

(2020年5月執筆)

PHOTO:PIXTA

戦後日本経済の重要人物である松永安左エ門。この機会に書籍を手に取ってみてはいかがでしょうか。

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事