Final 1983年3月31日 記事両津市立内海府小中学校 虫崎分校 閉校のイメージ画像 History 98年

両津市立内海府小中学校 虫崎分校 閉校

  • 文化・教育施設

1983年3月末をもって、1885年に開校した両津市立内海府小中学校・虫崎分校(新潟県佐渡市北小浦)が他校との統合のため閉校し、98年の歴史に幕を下ろしました。

内海府小中学校・虫崎分校は、集落の高台にあり急な階段を登った先に位置する学校。小さな校庭からは青い日本海を望み、学年に1人ずつ在籍した児童は海風を浴びながら学校生活を送っていました。現在は古い木造の体育館しか残っていませんが、2017年にはここで「虫崎100人盆踊り」を開催。多くの人が集まり大盛況のうちに終わりました。

地域に若者はほとんどいなくなってしまいましたが、かつて内海府小中学校・虫崎分校で過ごした子どもたちによって歴史は語り継がれるでしょう。同校にゆかりのある方は、この場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年6月執筆)

 

長年に渡り、地域の子供達をお守り頂きありがとうございます。

 

PHOTO:遍照の響き/内海府小中学校・虫崎分校

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事