立川市立多摩川小学校 閉校

  • 文化・教育施設

1978年に開校した立川市立多摩川小学校(東京都立川市富士見町6-46-1)は、立川市にかつてあった小学校です。同校は少子化の影響に伴って2004年3月31日に閉校し、26年の歴史に幕を下ろしていますが、校舎や体育館などそのほかの施設は多くの人が集まる施設として活用されています。また、数多くの人気ドラマのロケ地としても使用されているため、テレビで目にしたことがある方も多いかもしれません。

当校には屋上があり、そこから見えるのは校庭や多摩川が一望できる素晴らしい景観。美しい風景の中で子どもたちは毎日の生活を送っていたことでしょう。同校にゆかりのある方は、ぜひもう一度この場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2020年9月執筆)

 

多摩川小学校は、現在はプロフェッショナルが集まる「たちかわ創造舎」として活用されています。校舎の2階が撮影スペースとなっており、これまでに「ノーサイドゲーム」や「家売るオンナの逆襲」、「ラジエーションハウス」など、多くの人気ドラマのロケ地として使用されています。これらのドラマが好きだった、よく見ていたという方は、ぜひ同校に「聖地巡礼」してみるのも良いかもしれません。

当校の校庭が登場するシーンがあるようです。

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事