Final 1988年3月31日 記事西土佐村立中半小学校 閉校のイメージ画像 History 106年

西土佐村立中半小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

西土佐村立中半小学校(高知県四万十市西土佐中半408−1)が休校したのは1988年3月末のことです。1881年に口屋内小学校中半分校が誕生。ここが当校の創立起源のようです。1913年に完成したとの記述がある国道441号線(川崎~中村の郡道)。この道に沿って1世紀以上もの期間に渡り佇む学び舎です。

現在もその姿を残す校舎が建設されたのは1982年。1988年の閉校に至るまで地域の子供達を守った建物です。土佐の美しい自然に抱かれるように佇む美しい学び舎はその歴史の幕をおろしましたが、現在では宿泊施設として利用できるそうです。ゆかりのある方もそうでない方も一度電池に足を運ばれてはいかがでしょうか?子供達の元気な歓声を聞くことができるかもしれません。

(2021年4月執筆)

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す