Final 2010年3月31日 記事津奈木町立赤崎小学校 閉校のイメージ画像 History 136年

津奈木町立赤崎小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

津奈木町立赤崎小学校(熊本県葦北郡津奈木町福浜165番地)が閉校したのは2010年3月末のことです。

当校の創立は1874年にまで遡ります。その後何回かの改称を経て1963年に津奈木町立赤崎小学校となります。葦北郡津奈木町の海岸線に佇む当校は日本で唯一海の上に浮かぶ小学校として有名でした。校舎とその周辺の自然が調和する唯一無二のユニークな外観。3階建の校舎は客船をイメージしているそうです。時計が掲げられる高台は船の煙突かのよう。校舎の丸窓も客船の側面で見られる印象です。元気一杯の子供達は休み時間に海で泳いだり、校舎から釣りを楽しむなどわくわくするような学び舎であったそうです。

校舎側の小島は干潮時には陸続きになるそう。そして夕日に沈む美しい背景が校舎のシルエットを引き立ててくれます。ゆかりのある方もそうでない方も一度現地に足を運ばれてはいかがでしょうか?「子供達の遊ぶ校庭を広くしたい。校舎は海上に作ろう。」と尽力された関係者様の強い思い。美しい学び舎の歴史。子供達の元気な歓声。きっと皆さまにとっても大切なことを感じ取れるかもしれません。

(2021年4月執筆)

 

日本でも有数の美しいロケーションに佇む学び舎でした。

 

赤崎小学校でしか得ることのできないかけがいのない学生生活であったことでしょう。

 

卒業生、先生方など関係者様の心の中に、美しい思い出が永遠に記憶されますように。

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : Yusuke Takamine 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す