兵庫栄養調理製菓専門学校 閉校

  • 文化・教育施設

1万人を超える「食」に関するスペシャリストを輩出してきた、兵庫栄養調理製菓専門学校(兵庫県西宮市北昭和町9-32)。同校が開校したのは、1946年のこと。終戦直後だった当時、「何を、どのように料理すれば、おいしく食べて健康に生きることができるか」という考えから食の知識や技術を人々に伝えたいと建学された学校です。同校は栄養士科、調理師科、製菓衛生師科の3科からなり、それぞれの専門教育を行うとともに、「思いやりの心」を持つ人間を育てることを教育理念としてきました。調理科については夜間部も開講していたため、働きながら調理師の資格を取りたい人や、調理の仕事をしているがスキルアップしたい人など、さまざまな人が通っていました。しかし、同校は2020年度以降の生徒募集を停止。2021年3月31日に閉校することが決定しています。夢を追いかけながら同校で学んだ思い出がある人も多いはず。ぜひ閉校前にもう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。(2019年5月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す