音更町立昭和小学校 閉校

  • 文化・教育施設

北海道にある音更町立昭和小学校(北海道河東郡音更町東和1線19)が、2020年3月31日をもって閉校することになりました。同校が開校したのは1927年のこと。音更村立昭和尋常小学校として開校し、93年の歴史を紡いできました。ピーク時には162人の児童が在籍しており、非常に元気な声が響いていたようですが、1990年代以降は全校生徒が20人前後となっています。
同校では、地域の人々との交流を大切にしており、特に地域の老人クラブとともに「クリーン作戦」と呼ばれる地域清掃活動を行っています。この活動は10年以上も行われている恒例行事となっており、全校児童と教職員、そして老人クラブの参加者とともに班に分かれ、たくさんお話をしながら清掃活動を行います。当校は2020年に閉校し、近隣の音更小学校との統合が行われます。きっと、統合後も生徒たちは元気に活動してくれることでしょう。(2019年5月執筆)

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す