Final 2020年3月31日 記事大川市立三又中学校 閉校のイメージ画像 History 73年

大川市立三又中学校 閉校

  • 文化・教育施設

1947年に創立され、7年後に大川市立三又中学校(福岡県大川市大字中古賀205)と改称された、歴史ある中学校が2020年3月末で閉校し、73年の長い歴史に幕を下ろします。地域の生徒数減少により、市内の中学校の再編により合併されるためです。

同校は大川市の北東部にあり、筑後川をはさんで東側の三又小学校、西側の道海島小のエリアから生徒が通学しています。合併後は現在の大川東中学、校名は新しくなり大川切薫中学へ通うようになります。閉校が決まってからは、思い出などを描いた絵画を校舎内に展示し、学校美術館として地域の人たちにも開放されました。閉校式と最後の卒業式が行われる3月に、懐かしい学校を訪ねてみてはいかがでしょう。

(2020年2月執筆)

 

格式を感じられる門構えです。

 

沢山の思い出がつまった校舎です。

 

長年に渡り、地域の子供達をお守り頂きありがとうございます。

 

PHOTO:KAZE

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事