記事タウシュベツ川橋梁 近年の崩壊可能性ありのイメージ画像

タウシュベツ川橋梁 近年の崩壊可能性あり

  • 乗り物
  • 建物・施設

タウシュベツ川橋梁(北海道上士幌町)崩壊の時期が迫っているようです。傷の痛みの程度が非常に大きく、近い将来「11連のアーチが崩れてしまう」危険性が著しく高まっております。

1987年に廃線となった日本国有鉄道_士幌線。開業から間もないころに十勝三股駅まで延伸しましたが、その際に音更川の支流であるタウシュベツ川に架けられた橋です。周辺の景色と調和するように配慮された工法が採用されるなど、とても美しい佇まいでしたが、1955年に糠平ダムが建設。橋梁周辺が湖底に沈むことになりました。士幌線は新線が建設されましたが、橋梁自体は湖の中に残り、現在に至ります。

「タウシュベツ川橋梁の佇まいはとても美しい。でも注目すべきはその歴史です。士幌線延伸・人造湖建設等、地域の人の営みの歴史が詰まった橋梁です。地域のために、という関係者の方々の思いを受け取りたいのです。年々姿が痛々しくなってきており、連続する11個のアーチの崩壊も時間の問題となってきております。いつその時が来てもいいように現在の姿を瞼に刻み込むつもりです。」

東北地方在住の歴史ファンの言葉です。

(2021年1月執筆)

 

四季折々の姿で私たちを楽しませてくれます。

 

第1回北海道遺産に選定されました。

 

人々の心の中に永遠に記憶されることでしょう。

PHOTO:PIXTA

 

歴史的に大きな意味を持つ素晴らしい写真集です。

永久保存版としてお手元に確保されてはいかがでしょうか?

 

VIDEO : テレビ東京公式 TV TOKYO 様

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事