猪苗代町立東中学校 閉校

  • 文化・教育施設

猪苗代町立東中学校(福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁字上川原2262-75)は1958年4月に長瀬中と月輪中が統合して設立された中学校です。同校の校舎は2000年に建築されたもの。木のぬくもりが感じられる雰囲気が印象的で、「第22回福島県建築文化賞 優秀賞」を受賞した校舎でもあります。

同校では、講師を招いて「ご汁」や「こづゆ」「板台餅」といった郷土料理作りを体験するという特徴的な授業も行っています。さまざまな活動を行ってきた同校ですが、吾妻中学校・猪苗代中学校との統合に伴い2022年3月末を持って閉校し、64年の歴史に幕を下ろす予定となっています。統合に向けて、同校の校舎内では「東中のあゆみ」と題し歴史の掲示を行っています。

長い歴史を持つ同校に思い出のある方も多いのでは。ぜひこの機会にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年3月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事