Final 1976年3月31日 記事新得町立岩松小学校 閉校のイメージ画像 History 63年

新得町立岩松小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

新得町立岩松小学校(北海道上川郡新得町屈足)が閉校したのは1976年のこと。児童数の減少を起因とする学校統合にともなう閉校でした。

当校の創立起源は1913年。仮設の私立家庭教育所を起源とします。後に屈足尋常小学校特別教授場、巖松尋常小学校へと教育施設としての形式を整えてゆきます。

この地域は国策事業としてダム建設(岩松ダム)が行われ、林業が栄えていました。ダム建設事業が終了するにつれて地域の人口減少も進み、子供達の数も減少の一途をたどります。そして1976年についにその歴史の幕を下ろします。60余年の期間に渡り送り出した卒業生の数は512名。

開拓時代に有志の寄付により建てられた校舎は何度かの建替えを経ます。そして1950年代に建てられた校舎の一部は現在においてもその姿を留めるようです。長年間に渡り地域の子供達を守ってきた新得町立岩松小学校。一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。大自然に抱かれた子供達の歓声を感じることができるはずです。

(2021年3月執筆)

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : norimasa air 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す