平群町総合スポーツセンター ウォーターパーク 閉鎖

  • 娯楽施設
  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

平群町総合スポーツセンター(奈良県生駒郡平群町福貴72)内のウォーターパークがその歴史の幕を下ろします。入場者減少に伴う収益性の悪化や設備老朽化を主な原因とするようです。

当プールは1993年に平群町総合スポーツセンター内に開業し、主に夏場に45日ほど営業してきた施設です。25mプール・噴水プール・流水プール・幼児用プールなどを擁し、本格的な水泳愛好家から小さい子供達まで幅広い層に人気を誇りました。特に山肌の斜面をうまく活用したジャンボスライダーは迫力があり、この施設の目玉ともいえるものでした。

「小さい頃から夏になると通った施設です。ここのジャンボスライダーは最高です!それとこのプールの水は塩素の匂いがそれほどきつくないのがお気に入りでした。小さい頃からのよき思い出がある施設なので閉鎖と聞いてショックでした。でも最後にいままでありがとうとお伝えしたいです。」奈良県都住の男性の言葉です。

(2021年9月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す