記事川崎市市民ミュージアム 解体/取壊のイメージ画像

川崎市市民ミュージアム 解体/取壊

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

川崎市市民ミュージアム( 神奈川県川崎市中原区等々力1-2)の取壊が正式決定しました。取壊時期などに関しては未定とのことです。

当館の開館は1988年11月。江戸東京博物館等の設計で知られる菊竹清訓氏による設計で、博物館と美術館の複合文化施設です。写真・ポスター・映像作品・アニメ等複製芸術が数多く展示されていることでも知られます。コアなファンが数多く存在する施設ですが、2019年10月12日の令和元年東日本台風による浸水被害の影響が大きくそれ以降休館となっていました。

「隣接している緑地公園で子供達を目いっぱい遊ばせた後に、この施設で芸術美術を楽しむのが我が家のスタイルであったのです。閉館取壊のニュースを聞いたときはとても寂しい気分になりました。でもとても多くの思い出を頂きました。運営に携わった方々にお礼の気持ちをお伝えしたいです。」川崎市在住のお母さんの言葉です。

(2021年11月執筆)

 

川崎市市民ミュージアム

多くの市民に思い出を与えてくれた施設です。長きに渡りありがとうございました。

PHOTO:PIXTA

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

当館の設計を手掛けた菊竹清訓氏。この機に氏の作品に触れてみてはいかがでしょうか。

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す