北見市立上仁頃小学校 閉校

  • 文化・教育施設

2022年3月末をもって、北見市立上仁頃小学校(北海道北見市上仁頃108)が閉校します。

1908年に相之内尋常高等小学校所属仁頃特別教授場として誕生。ここが当校の創立起源となります。自然豊かな山間の純農村地帯にある同校は児童数17名の小規模校。地域と共にある学校として、カーリングやそば打ち体験など子どもたちは地域の方々の指導を受けながら様々な活動に取り組んでいます。なかでも25m・4コースのプールを活用した体力づくりは他にはない活動として、子どもたちの楽しみな授業のひとつとなっているとのことです。

114年間に渡りこの地区を見守り続けてきた同校ですが、残念ながら2022年に閉校予定。新年度より北見市立端野小学校に統合となり、当校は独立校としての歴史に幕を下ろします。ゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年12月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す