宮城県柴田農林高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

宮城県柴田農林高等学校(宮城県柴田郡大河原町字上川原7-2)は、1908年に開校した歴史ある高校です。これまで1万3,000人以上の卒業生を輩出しており、その多くが地域の農産業に携わっています。

現在、同校は食農科学科・動物科学科・森林環境科・園芸工学科を有し、生徒が学びたい内容を十分に学ぶための環境を整えています。コンピュータや電子顕微鏡、バイオ実験施設などを備えた総合科学センターや、動物飼育者、野菜音質、農場など充実した施設設備がある点も同校の特徴といえるでしょう。

しかし柴田農林高等学校は2023年3月31日に閉校し、115年の歴史に幕を下ろす予定となっています。現在使われている校舎について閉校後の活用方法等は未定となっているようですが、同校にゆかりのある方はもう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年12月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す