Final 2003年3月31日 記事今金町立豊田小学校 閉校のイメージ画像 History 98年

今金町立豊田小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

今金町立豊田小学校(北海道瀬棚郡今金町豊田107-22)の創立起源は1905年にまでさかのぼります。その後、地域の学校として地に足のついた歴史を繋ぎます。そして最後の生徒の巣立ちを見送った歴史の閉幕は2003年3月末。多くの方に惜しまれながらの98年の堂々たる歴史の閉幕でした。

当校の建物入り口に構えるコンクリート製の大きなゲートには「赤川版画工房」の文字が表示されます。今金町出身の版画刷り師・赤川勲氏の功績を後世に伝えることを目的に開設されたのが「赤川版画工房」。当校はそのゆかりの地となっているそうです。

ご興味のある方はぜひこの地に足を運んでみてはいかがでしょうか。北の大地の学び舎の在りし日の営みを感じ取ることができるかもしれません。

(2021年9月執筆)

 

今金町立豊田小学校

沢山の思い出がつまった校舎です。

 

今金町立豊田小学校

卒業生・先生・地域住民など関係者様の心の中に、美しい思い出が永遠に記憶されますように。

 

今金町立豊田小学校

元気な子供達の歓声が再び響き渡る光景を期待したいものです。

PHOTO:poteto089aaa

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す