Final 1979年3月31日 記事豊頃町立報徳小学校 閉校のイメージ画像 History 73年

豊頃町立報徳小学校 閉校

  • 文化・教育施設

豊頃町立報徳小学校(北海道中川郡豊頃町二宮4063)はかつて北海道にあった小学校です。同校が開校したのは1905年6月16日のこと。

報徳小学校は道道318号線沿いに建てられていた小学校ですが、同校があった豊頃町は、十勝川の河口に位置しており、十勝地方発祥の地とされている町。町全体では、農業や酪農、漁業が盛んとされています。地域に愛された学び舎ですが同校は1979年3月31日に閉校し、73年の歴史に幕を下ろしています。現在は当時使用されていた校舎は全て取り壊されています。その姿を見ることができるのは閉校記念碑のみとなっていますが、報徳小学校にゆかりのある方や思い出のある方はぜひこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年12月執筆)

 

報徳小学校 

確かにここに学び舎が存在した。その証です。

 

報徳小学校 

この場所に元気な子供達の歓声が再び響き渡る光景を期待したいものです。

PHOTO:poteto089aaa

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す