Final 1991年3月31日 記事平取町立長知内小学校 閉校のイメージ画像 History 89年

平取町立長知内小学校 閉校

  • 文化・教育施設

平取町立長知内(おさちない)小学校(北海道沙流郡平取町長知内38)がその歴史に幕を下ろしたのは1991年(平成3年)3月末のことです。当校の創立は1902年(明治35年)にまで遡ります。ほぼ90年という長きにわたり、この地域の子供たちを見守り続けた学び舎でしたが、振内小学校への統合のため静かに役目を終えました。

当校が築かれたのは、平取町を流れる沙流川に近い、国道237号線沿いの場所でした。国道からはかつて校門の一部、校名プレートの掲げられた石壁を見ることができます。校舎などの建物は役割を終えて取り壊されましたが、跡地には長知内ふれあいセンターが建てられ、地域の人々の生活に彩を添えているようです。校庭の縁には木が植えられていますが、敷地の中央あたりにはひと際目を引く大きな木が枝を広げています。その幹と枝で守られるように、木の根元に当校の閉校記念碑が佇んでいます。

思い出をお持ちの方は一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。雪深いこの地域で子どもたちの学びを支えた、先人たちの美しい思いを感じとることができることでしょう。

(2021年2月執筆)

 

平取町立長知内小学校

雪に埋もれますが、地域の子供たちの登下校を見守り続けた校門が確認できます。

 

平取町立長知内小学校

この大木は長年に渡り地域の子供達の登下校を見守り続けました。

 

平取町立長知内小学校

卒業生・先生・地域住民など関係者様の心の中に、美しい思い出が永遠に記憶されますように。

PHOTO:poteto089aaa

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す