Final 2008年3月31日 記事新冠町立東川小学校 閉校のイメージ画像 History 98年

新冠町立東川小学校 閉校

  • 文化・教育施設

新冠町立東川小学校(北海道新冠郡新冠町共栄318-2)はかつて北海道にあった小学校です。同校が開校したのは1910年のことですので長い歴史を誇る学び舎です。

東川小学校があった新冠村は、北海道の南側にある日高エリアのほぼ中央に位置しており、名馬の産地として有名な土地です。幌尻岳や新冠川、太平洋を望むことができる丘陵など豊かな自然に囲まれたエリアとなっています。豊かな自然環境にいだかれながら子供たちはすくすくと成長したそうです。長きにわたり地域の子供たちを守った新冠町立東川小学校は2008年3月31日に閉校し、98年の歴史に幕を下ろました。

新冠町の廃校跡地はさまざまな形で活用されていますが、同校の場合には高齢者施設として利用されています。校舎の中を見ることは難しいものの、東川小学校にゆかりのある方や思い出のある方はぜひこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年4月執筆)

 

新冠町立東川小学校

現在でも地域の人々にとって大切な場所となっているようです。

 

新冠町立東川小学校

地域の子供たちのゆりかごであった歴史も記憶しておきたいものです。

PHOTO:poteto089aaa

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す