Final 2004年3月31日 記事新得町立屈足小学校 閉校のイメージ画像 History 100年

新得町立屈足小学校 閉校

  • 文化・教育施設

新得町立屈足小学校(北海道上川郡新得町屈足基線42番7)はかつて北海道にあった小学校です。同校が開校したのは1904年のこと。学校は道道718号線沿いにあり、子どもたちが学んでいた校舎は1984年に建築されています。広々とした校庭やプール、美しい小さな池などさまざまな施設を備えていました。

屈足小学校があった新得町は、農業や林業が盛んに行われている地域。さらに自然が豊かな点も特徴であることから、資源を活かした観光も展開されている町です。美しく自然あふれる地域にあった屈足小学校は2004年3月31日に閉校し、100年もの長い歴史に幕を下ろしました。学校があった場所は、現在は会社として使用されているようです。ゆかりのある方はぜひ北の大地の小さな学び舎に思いを馳せてはいかがでしょうか。

(2021年4月執筆)

 

新得町立屈足小学校

現在では新たな役割を担って活躍しているそうです。

 

新得町立屈足小学校

確かにここに学び舎が存在した。その証です。

 

新得町立屈足小学校

当校の歴史と伝統は永遠に語り継がれることでしょう。

PHOTO:poteto089aaa

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す