三好市立吾橋小学校 休校

  • 文化・教育施設

三好市立吾橋小学校(徳島県三好市西祖谷山村下吾橋303-2)が歴史の幕を閉じたのは2022年3月末のことでした。1874年の開校以来、実に147年の長きに渡ってこの地で子どもたちを見守り続けた学び舎でした。

当校は、大河吉野川の最上流域、美しく雄大な自然が味わえる秘境としても有名な、祖谷の山あいにあります。標高400mを超える山の斜面にある築かれた学び舎に向かって、子供たちは毎日傾斜のきつい坂道を歩いて通っていました。

1960年代には児童数は150人を超える時期もありましたが、近年では全校合わせて10人を切るような状況が続いていました。地域の人々は子供たちの学びや経験を考え、当校の休校を決断したのだそうです。最終年度の在校生は4人で、閉校記念の式典では集まった卒業生や地域の人々を前に、当校への思いを語るなど立派な姿を見せてくれました。

栗拾いやお茶摘みといった当校ならではの活動、地域の人たちが集まる運動会など、地域根付き営まれてきた小さな学び舎の歴史は、あたたかく見守り支え続けてきたこの地の人々によって長く記憶にとどめられることでしょう。

ご興味を持たれた方は、一度この地を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2022年3月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す