益田市立道川小学校 閉校

  • 文化・教育施設

島根県の最南端、JR益田駅から中国山地へ20キロほど入った所に、益田市立道川小学校(島根県益田市匹見町道川イ39)は佇みます。1974年に開校した、旧匹見町に位置する静かな小学校ですが、2017年3月廃校になりました。延べ卒業生は96人、最終年度の在籍者は4人とこじんまりした学校ながら、牛の世話やレンコン栽培が授業に取り入れられるなど、温かみ溢れる小学校、最終年度には記念誌も作られ、希望者に配布されているそうです。

近くには紅葉や滝で有名な広島県の三段峡があり、近くの匹見峡では定期にお祭りも開かれています。この4月から学校は14キロ離れた匹見小学校に統合、生徒はスクールバス通学となりますが、道川の自然を活かした町おこしは、神楽や民泊など、これからが楽しみなメニューがたくさんです。一度現地を訪れて美しい学び舎の在りし日の記憶に触れてはいかがでしょうか。

(2019年2月執筆)

 

VIDEO : FinalAccess ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す