記事十和田観光電鉄 三沢駅舎 解体のイメージ画像

十和田観光電鉄 三沢駅舎 解体

  • 建物・施設

旧三沢駅駅舎(青森県三沢市大字犬落瀬字古間木51-7)は、1922年に十和田観光電鉄、通称「十鉄」の駅として開業した駅です。2012年4月に鉄道路線は廃止されていますが、駅舎は形もそのままにバス乗り場として利用されてきました。

この駅舎の構内は、毎年春と秋に一般公開されていましたが、人気だったのが駅舎内にあった立ち食いそば店です。1日あたりの来客数は300人程度と非常に多くの人が足を運んでいました。しかし、この駅舎は建物の老朽化に伴い、2019年4月をめどに取り壊しが行われることが正式に決定。その長い歴史に幕を下ろすことになりました。解体の噂を聞きつけた鉄道ファンが多く足を運んでいるようです。

ファンが気になる立ち食いそば店は、新しく完成する複合施設へ移転して営業を続ける予定ですが、通勤や通学に、この駅舎を利用してきた人も多いはず。毎日のように通ってきた駅舎での思い出を偲びに、もういちどこの地を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2019年2月執筆)

 

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す