記事長崎県立長崎図書館 閉館のイメージ画像

長崎県立長崎図書館 閉館

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

1912年に開館した、長崎県立長崎図書館(長崎県長崎市立山1丁目1-5)が、2018年11月30日をもって閉館し、106年の歴史に幕を下ろしました。同館は図書館としてだけではなく、長崎の歴史や文化を収蔵している資料館でもあり、多くの市民が集まる憩いの場でもありました。子どもたちから大人まで多くの市民が利用した県立長崎図書館ですが、現在大村市に建設中の新しい図書館が2019年11月に開館予定であることから閉館が決まりました。夏休みや冬休みなどの長期休暇期間は、多くの子どもや学生が利用していた長崎図書館。たくさんの人が本を好きになるきっかけを作ってくれた同館の閉館を惜しむ声も多く上がっています。(2018年12月執筆)

 

歴史を感じさせる建物です。

 

堂々とそびえたちます。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:kattyan

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す