北海道留萌千望高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

1998年に開校した北海道留萌千望高等学校(北海道留萌市千鳥町4丁目91番地)は、日本海に面する留萌町にあった高校です。スクールカラーは海の色にちなんで決められた「セルリアンブルー」。爽やかな色が学校のイメージにピッタリということで選ばれました。

同校には「電気・建築科」と「情報ビジネス科」の2つのコースがあり、それぞれの分野におけるスペシャリストを輩出。電気・建築科では電気工事士をはじめとするさまざまな資格の取得、情報ビジネス科でも簿記資格などの取得とともに、3年時では地域の特産物を使用した商品開発を手がけ、実際に販売も行われるなど、実戦に即した教育が行われてきました。

しかし、残念ながら同校は2018年3月31日に閉校となり、19年の歴史に幕を下ろしました。同校にゆかりのある人は、当時の記憶を思い返しにもう一度この場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2019年7月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す