函館市立凌雲中学校 閉校

  • 文化・教育施設

統合再編のため、2018年3月末をもって1982年に開校した函館市立凌雲中学校(北海道函館市千代台町22-19)がその歴史を終えました。36年の歴史でした。同校は緑色の校舎が目を引くユニークなつくりをしています。どこかモダンな雰囲気がある窓や廊下などの趣ある外観を愛するファンも少なくありません。独特のこの校舎は凌雲中学校の前身である函館中央中学校として1957年に建てられたものでした。

市街地に面し近隣の陸上競技場で体育大会に臨むこともありました。大きな体育館を誇り運動部ではハンドボール部がこれまで輝かしい成績を上げ、トロフィーが校内に飾られていました。現在校舎跡地の運営や取り壊しは具体的に決まってはいませんが、同校にゆかりのある人は、生徒一人ひとり思い出のある校舎に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2019年7月執筆)

 

VIDEO:函館YouTube 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す