気仙沼線 陸前小泉駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

気仙沼線の陸前小泉駅(宮城県気仙沼市本吉町下宿)は、1977年に日本国有鉄道・気仙沼線の駅として開業しました。開業から10年後の1987年には、民営化によりJR東日本の駅となったという歴史があります。

周囲には小さな集落があった陸前小泉駅。石を積んだ高い位置にあったホームは1面1線ですが、風の対策のためかホームに壁が設置されており、他の駅とは異なる雰囲気だと言われていたようです。

しかし、海岸まで500mほどのところにあった同駅は、気仙沼線の他の駅と同じように、2011年に発生した東日本大震災の津波により消失。2020年3月31日には、気仙沼線の一部区間での鉄道事業終了が発表されており、陸前小泉駅もその役割を終えることになりました。43年の歴史の幕を下ろす陸前小泉駅にゆかりのある人は、この場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年2月執筆)

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事