気仙沼線 陸前階上駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

宮城県の気仙沼市にあった陸前階上駅(宮城県気仙沼市長磯原)は、1957年に日本国有鉄道(国鉄)の気仙沼線の駅として開業した駅。開業当時は駅員が常駐していましたが、1972年には無人駅になりました。

標高が高い場所に建てられていた陸前階上駅は、小さな駅であったものの、付近に高校があったため通学時間は高校生が多く利用していたようです。駅舎の中には待合室が設置されており、長椅子が設置されていました。

東日本大震災の発生以来電車の運行が休止されていましたが、2020年3月31日をもって気仙沼線の柳津駅から気仙沼駅までの区間が鉄道事業を終了することが発表されています。それに伴い、陸前階上駅も63年の歴史に幕を下ろすことになりますが、同駅にゆかりのある人はぜひもう一度この場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2020年2月執筆)

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事