Final 2020年3月14日 記事只見線 キハ40 定期運転終了のイメージ画像

只見線 キハ40 定期運転終了

  • 乗り物

現在只見線で定期運行されているキハ40が、2020年3月14日で定期運行を終了します。キハ40が只見線で本格的に運用開始されたのは1991年ごろ。クリーム色に緑の塗色が施された車両は、「東北地域本社色」と呼ばれ親しまれていました。

定期運行が終了することに伴って、「ありがとう只見キハ40」と題した記念列車が運行されることが決まっています。運行日時は2020年3月21日・22日の2日間。本当の最終日となる22日は、郡山駅から会津若松駅間を走ります。

今後、只見線の車両はキハE120系に置き換えることが発表されていますが、慣れ親しんだクリーム色の車両に思い出のある方も多いかもしれません。ぜひラストランを見に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年2月執筆)

 

雪国に似合う車両でした。

 

東北地方の四季折々の景色に見事に調和します。

 

長きに渡り本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事