潮来市立大生原小学校 閉校へ

  • 文化・教育施設

潮来市の東部に位置している潮来市立大生原小学校(茨城県潮来市水原1988-1)は、1875年に水原小学校として創立された歴史ある小学校です。その後幾度かの改称を経て現在の校名になりました。

同校の校庭には、大きな「ハリギリ」の木が2本立っており、そのうち1本は潮来市の指定文化財天然記念物になっていることで知られています。このハリギリの木は、同校の校歌に「せんの木(ハリギリの別名)そよぐ 校庭に」という歌詞で登場するように、長く愛されてきました。

しかし、同校は2021年3月末をもって閉校する予定となっており、146年の歴史に幕を下ろします。大生原小学校にゆかりのある方はもう一度足を運んで、懐かしい思い出を振り返ってみてはいかがでしょうか。

(2021年1月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事