Final 2020年3月31日 記事石狩市立聚富小学校 閉校のイメージ画像 History 121年

石狩市立聚富小学校 閉校

  • 文化・教育施設

石狩市立聚富小学校(北海道石狩市厚田区聚冨256)は、かつて石狩市にあった小学校です。1899年に望来尋常小学校聚富分校として開校。創立から100年以上の歴史のある小学校であり、特色あるさまざまな活動を行ってきました。例えば、社会学習の一環として石狩湾新港を訪れ、会場から港の施設を見学したり、学校菜園でトウモロコシやジャガイモ、夕顔や小松菜、お米などを育てたりといった活動も行ってきました。さまざまな野菜を収穫し、自宅に持ち帰ったりみんなでピザやコロッケを作るなど、色の大切さを学べる教育も行っていたことは同校の特色といえるでしょう。

しかし聚富小学校は、他の学校との統合により2020年3月31日に閉校し、121年の歴史に幕を下ろしました。同校にゆかりのある方は、ぜひもう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年4月執筆)

 

沢山の思い出がつまった校舎です。

 

当校の歴史と伝統は永遠に語り継がれることでしょう。

 

卒業生、先生方など関係者様の心の中に、美しい思い出が永遠に記憶されますように。

PHOTO:CRENTEAR

 

VIDEO : FinalAccess ファイナルアクセス

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す